WWW を検索
サイト内を検索

東大病院小児集中治療室(PICU)へようこそ

当院の小児集中治療室(PICU)は、 主として心臓病などの重症の病気を集中的に治療する小児のための集中治療室です。「PICU」は、Pediatric Intensive Care Unit (小児集中治療室)の頭文字をとってつけられています。

心臓専門の医師(小児科医・心臓外科医)と看護師が24時間体制で治療にあたっており、全国から来られた多くの子供さんたちの治療に大変重要な役割を果たしています。

こどもの心臓疾患は、治療に際してその血行動態の特殊性から高い専門知識と診断・治療技術が要求されます。国立大学でははじめての小児専門の集中治療室として誕生した当院のPICUでは、小児科と心臓外科の連携により、こどもの心臓疾患に対する迅速かつ適切な治療が可能となりました。また、手術に際しても、麻酔科の先生方との協力体制も非常に良好に整っています。

東大病院では、年間約200例の先天性心疾患に対するカテーテル検査・治療および、年間約160例の先天性心疾患に対する手術を行い、良好な成績を得ています。特に、新生児に対する治療・手術が多いのが特徴となっています。

このホームページは、PICUで最も入室することが多い心臓病のこどもたちについて、心臓病のお子様をもつご家族の方の立場に立ってできるだけわかりやすく解説すること、そして東大病院PICUについておわかりいただくことを主な目的として作られました。まだ不十分な部分も多いと思いますが、これからも拡充していく予定です。よろしくお願いいたします。

 


-新着情報-
2013.4.10 「スタッフ紹介」更新しました


東京大学医学部附属病院PICU

所在地 〒113−8655 東京都文京区本郷7−3−1

TEL 03−3815−5411  内線31522