東大病院小児集中治療室 PICU

コンセプト

東大病院小児集中治療室(PICU)へようこそ

PICU

小児集中治療室(PICU)は、 主に心臓病などの重い病気のお子さんの治療をおこなうところです。

当院のPICUは、国立大学では第1号として2001年に誕生しました。2010年からは東京都の「こども救命センター」に指定されており、他の医療機関で救命治療が難しい患者さんをいつでも受け入れる体制を整えています。

心臓専門の医師(小児科医・心臓外科医)が中心となって治療を行い、病院内の他の科とも連携をとりながら専門性の高いチーム医療を行っています。複数の診療科にまたがるような複雑で重い病気に対しても、それぞれの専門の医師を集めてカンファレンスを行うなど、大学病院ならではの質の高い医療を提供できるようにしています。

こどもたちの未来と笑顔のため、医師・看護師スタッフ一丸となって治療にあたります。

ページ上部戻る